むち打ち症とは

「むち打ち症」とは、交通事故の代表的な後遺症の一つです。
症状は人によって様々で、肩こり、手の震え、手足のしびれ、感覚異常、 集中力低下、ふらつき感などや、時間の経過と共に頸椎のズレ(その他、腰椎・胸椎のズレ)が 起き、そこからくる首の痛みや後頭部・背部・肩・上腕部にまでも痛みが放散します。 事故直後は異常を感じなくとも、翌日あたりから症状が現れることもあり、 レントゲンをとっても異常なしと診断されることがほとんどです。

また、早い段階で適切な治療を施さないと、むち打ちが慢性化して後遺症となり、 痛みに耐えながらの生活をせざるを得なくなる場合もあります。


分類と症状

頸椎捻挫型
頸椎の周りの筋肉や人体、南部組織の損傷で最も多くみられ、むち打ち症全体の70~80%を占めているとされています。 首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと強くなります。また、首や肩の動きが制限されることもあります。
根症状型
頸椎のならびに歪みができると、神経が圧迫されて症状ができます。首の痛みのほか、腕の痛みやしびれ、だるさ、後頭部の痛み、顔面痛などが現れます。 これらの症状は、関やくしゃみをしたり、首を横に曲げたり、回したり、首や肩を一定方向に引っ張ったりしたときに強まります。
バレ・リユウー症状
後頭部交感神経症候群ともいいます。 頸椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下し、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れると考えられます。
脊髄症状型
頸椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢に伸びている神経が損傷されて、下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。 また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなるケースもあります。
脳脊髄液減少症
一時的に髄液圧が急上昇しその圧が下方に伝わって腰椎の神経根に最も強い厚賀かかりクモ膜が避けると考えられています。 脳脊髄液減少症の症状は極めて多彩で、いわゆる不定愁訴がそれに相当します。初期には頭痛が特徴的です。 また、これらの症状には天候に左右されるという特徴がみられます。ことに気圧の変化に応じて症状が変化します。

»ページトップへ


治療について

症状とその治療法

  • 動かすと痛い

    安静にし、急性炎症が治まった後は手技療法となります。
    ただし、脊椎全体と怪我の治る過程を考慮して施す必要があります。

  • 安静時に痛い

    固定と薬、それから特殊電療が有効です。
    痛みの原因が何らかの炎症である場合、固定と投薬、アイシングによって治療していきます。

  • 痺れ

    関節・筋肉・神経のどれもが原因の可能性をもっています。
    実際に神経を損傷しているケースは稀です。大半は手技療法で対応できます。

  • 身体が重い

    身体が重いと感じる原因は主に3つあります。
    1つは筋肉の働きが悪い、2つ目は自律神経の影響、3つ目は血流の問題です。 筋肉と関節の治療で大半は改善します。

  • 筋肉が張る

    捻挫による関節の不安定性が原因になることが多いです。背骨や骨盤の歪みが増すので筋肉の張りは強くなります。
    マッサージと整体が必要です。


治療の流れ

カラダを知りつくした柔道整復師の資格を持ったトレーナーが、  「体を元から健康に!」するエクササイズ!!

  • 受付
    まずは問診票が手渡されます。
    現在の症状や自己の状況を記載してください。
  • 問診
    問診票を見ながら診察をおこなっていきます。
    いつ、どのように痛めてしまったのかお聞かせください。
  • 検査
    教えていただいたところを触って原因を把握し、
    適切な治療を決定します。
  • 説明
    検査の結果と今後の方針など丁寧に説明いたします。
    細かい部分は施術しながら判断していきます。
  • 治療
    さきほどの診察でわかったことを元に、
    電気治療や手技治療をおこなっていきます。
  • 治療完了
    お疲れ様です。お大事にどうぞ。

»ページトップへ


治療期間と治療費

Q:治るまでどのくらいかかるの?
A:むち打ち症にかかる治療期間は、大体3ヵ月~6ヵ月要すると言われています。
しかし、それはあくまでも一般的な目安でしかありません。完治するまできちんと治療し続けることが重要です。
Q:治療費は?
A:交通事故の場合、自賠責保険により治療費がまかなわれますので、示談前であれば窓口負担はございません。 料金を気にせず治療を続けることができます。

お問い合わせ

お問い合わせ
メールはコチラ

»ページトップへ


交通事故に遭ってしまったら

痛み、違和感等がすぐに現れなくとも、きちんと医療機関を受診しください。
救急車で運ばれるようなケガなら当然ですが、後日診察を受ける場合でも人身事故の取り扱いにしていないと治療費などの支払いが受けられなくなります。 事故直後は興奮しているため、症状が出ない方がいますが、必ず当日のうちに受診しておいてください。 たとえその日は症状が出なくても、後から何らかの症状が現れることは往々にしてあります。 軽微な事故に見えても後で体に異常が出た、というケースはよくあることです。
むち打ち治療は専門家に任せましょう。
治療すべき時に、忙しさを理由に治療を怠ってしまうと、残りの人生をずっとむち打ちと付き合っていくことになってしまいます。 交通事故に交通事故に遭ってしまったら、むち打ちの治療の専門家のところに通院し、先生の指示に従い、しっかり治すことを第一に考えてください。
当院は「むち打ち治療協会」認定のむち打ち治療専門院です。
交通事故などでケガをされた患者さまに安心してむち打ちの治療に取り組んでいただくため、交通事故を専門に取り扱っている弁護士、交通事故後遺症問題を専門とする行政書士と提携し、法律の面からも患者さまをサポートさせて頂いております。
不運にも交通事故に遭われてしまった方は、ご相談から受付しております。
ますはお問い合わせください。

〒930-0077 富山県富山市磯部町2丁目8-11
TEL/FAX 076-420-7878

ページトップへ